おむつに興味を持った経緯 その1 

初めまして。
私は学生の時に「おむつ」に興味を持ってしまいました。

アマゾンでこのおむつを興味本位で購入し、こっそり部屋で履き、毎日ドキドキの生活をしていました。
1.jpg
分け合って、祖母と暮らしていたため、部屋には基本的に来ることのない生活だったため比較的自由でしたので、おむつも履き放題でした。
最初は部屋でおしっこをおむつにし、ある程度漏らしたら交換し、ごみ袋に入れ、押し入れの中に隠していました。
匂いがする前にごみは処分していました。

しかしほぼ毎日おむつを履き、遊んでいたためすぐになくなってしまい、パッドを使い、おむつ自体を節約しよう!と思い、アマゾンを散策。←決して熱帯雨林のほうではないので・・

高校の時はある程度アルバイトもしていたのでお金には不自由なく生活していたのでおむつ代は結構余裕でした。
しかし高1の夏休みかな?
「寝るときは毎日おむつを履くならもうちょっとしっかりと使いたい」と思い始めました。

そこで考え付いたのが「おねしょをしたい」でした。

朝起きておむつがぐっしょりという感覚を味わいたい!!
どうしたいいのか・・・

毎日おむつを履いているだけでは到底無理だということはさすがにわかっていました。

・膀胱の量を減らす
・基本的におむつを履いて生活する
・ベッド以外では基本的にトイレはしない(大以外)
こんな感じで夏休みに目標を掲げました。
しかし、基本的におむつを履いて生活するという項目は少し難しい・・・
なぜならおむつ代を稼がないといけないからだ。

まあ、最初は膀胱の量を減らし、家に帰ってきたらおむつに履き替えるということで高1の夏休みに逆おむつトレーニングが開始したのでした。


なんか、書いていて読みづらいな。。。
そのうち読みやすくなると思うのでもう少し読みづらい文章で我慢してください"(-""-)"

コメント

非公開コメント

omutuh062

夜尿症になったものです。 毎日紙おむつにおねしょしてます。

bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FC2カウンター

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク